サイド上部画像
 September 2017 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

地球の玉手箱

オリジナル生物作品紹介&お出かけ日記です♪


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

「きのこ展」2013 出展レポート

10/19〜10/27まで国立科学博物館 筑波実験植物園で開催されていた「きのこ展」にアートサークル生物部の一員として出展しました。
昨年は別の展示会と同じ時期になったため、1日のみでしたが、今年は3日間(19日、26日、27日)参加しました。

今年は「きのこ」や「変形菌」作品の種類も増やし、新作としては「冬虫夏草」やリクエストのあった「地衣類」にも挑戦しました。

「冬虫夏草」はより自然に見えるよう、土の中や朽木内の表現も取り入れたところ多くの方から好評で、本物と間違われる方、「いろんな昆虫が冬虫夏草の対象になるのね!」と驚かれる方もいてお客様の反応が面白かったです。

「地衣類」はなかなか良い資料が見つけられなくて勉強不足もあり、お客様への説明には地衣類の先生のお力をお借りしました。(おかげさまで私自身も勉強になりました!)また、作品にもアドバイスをいただいたので今後の作品に反映したいと思います。

なお、今回の「きのこ展」では「こうじ」がテーマだったこともあり、スペシャルゲストを始め、他メンバーはカビ作品も出品していたのですが、これが大人気!カビグッズを見たり、カビの本を読んでいるうちに私もカビ作品にトライしてみたくなりました。

それにしても今年は雨だけでなく、季節外れの台風(しかもダブルで!)、毎日、天気予報を見ながらやきもきし、余裕がないのに即興で粘土の「てるてる坊主」まで作ってしまいました(^^ゞ
この「てるてる坊主」は筑波にも連れてきたのですが、一部のお子さんたちには「きのこ」よりも人気?(雪だるまと言われたり(笑)でした。

今回の「きのこ展」でも、終始、先生方やスタッフの方には大変お世話になりました。
また、クラフト活動を通じてお知り合いになった方々にもクラフトブースに来ていただき本当に感謝です!

・国立科学博物館 筑波実験植物園「きのこ展」

アートサークル「生物部」ホームページでも「きのこ展」の報告しています。
・アートサークル「生物部」の「きのこ展」ページ

きのこ展2013展示
「冬虫夏草」コーナーは一応虫が苦手な方へも考慮して注意書きチラシを貼りました(笑)

きのこ展2013最終日
最終日は約1700人もの入園者があったそうで、クラフトブースやスペシャルゲストascoさんのワークショップも大人気!

きのこ展2013てるてる坊主
期間中にダブル台風まで到来し、思わず作ってしまった粘土の「てるてる坊主」。願いと労いも込めて筑波まで持ってきました。


[イベント・展示会レポート]
comments(0) : - :  : 

明日から「きのこ展」です!

昨年に引き続き、国立科学博物館 筑波実験植物園「きのこ展」にアートサークル生物部の一員として出展します。
今年はスペシャルゲスト2名(26日、27日参加予定)も参加します。
クラフトブースの場所は教育棟の前で、出展は土日のみです。
日程によって参加メンバーが異なりますので、下記をご参照ください。

●iku(10月19日、20日)→きのこミニチュア
●観察日記(10月19日、20日)
→佐渡のきのこや発酵食品のストラップ、ぬいぐるみ
●地球の玉手箱(10月19日、26日、27日)
→きのこ、冬虫夏草、変形菌、地衣類プチジオラマやプチテラリウム
●UMEZAWA CRAFT(10月26日、27日)
→きのこ、変形菌などのステンドグラスやガラス絵
●スペシャルゲスト(ASCO、ばし山)(10月26日、27日)
→きのこ、カビグッズなど

それでは、メンバー一同お待ちしております。

・国立科学博物館 筑波実験植物園「きのこ展」

・マニアック生物アートサークル生物部

コガネムシタンポタケ
「きのこ展」に出品する「コガネムシタンポタケ」です〜

[イベント・展示会案内]
comments(0) : - :  : 

「基礎生物学研究所 一般公開2013」出展レポート

岡崎コンファレンスセンター←展示会場となった第2会場(岡崎コンファレンスセンター)

10月5日、に愛知県・岡崎市で開催された「基礎生物学研究所 一般公開2013」にアートサークル生物部のメンバー(UMEZAWA CRAFTさん、観察日記さん、6*umiさん)と一緒にクラフトブースで出展しました!私たちの会場は第2会場で、この会場では展示や講演会、サイエンストークなどが催されました。

「観察日記」さんの展示は海洋生物ぬいぐるみで、目玉作品のキラブリ君はその大きさ(実物大)もあって子供たちに大人気。
「6*umi」さんの展示はお馴染みのウミウシフィギュア&シルバーアクセサリーで、多くの方が熱心に見てました。
ちなみに上記のお二人は、事前リクエストがあった「ヒメツリガネゴケ」の作品に挑戦し、それぞれ、ぬいぐるみとフィギュアが展示会場にて本物と一緒に展示されていました(^^)
「UMEZAWA CRAFT」さんは微生物などのガラス絵作品がメインで、リクエストもあったようですよ!

「地球の玉手箱」の新作は研究所での展示ということもあり、研究所と関わりの深い生物(キイロショウジョウバエ、実験用マウス、ハナカマキリ)と人気急上昇の深海生物の制作にトライしました。
キイロショウジョウバエの突然変異体(参考作品)と実験用マウスの作品は特に研究所スタッフの方に好評で、ハナカマキリは幼虫が実際に展示されていたこともあり子供たちに人気でした。
作品に対していろいろなアドバイスもいただいたので、次回作に反映したいと思います。

基礎生物学研究所の一般公開は3年に一度ということで、次回は2016年になります。
貴重な機会を与えてくださった先生方や、事前のやり取りから準備、後片付けが終わるまで、終始、気を遣っていただいたスタッフの皆さまにも心から御礼申し上げます。

最後に一度、第1会場へ往復したため、急いでいた私にシャトルバスの席を快く譲っていただいた紳士にも感謝感謝です。

基礎生物学研究所 一般公開2013
「基礎生物学研究所 一般公開2013」


[イベント・展示会レポート]
comments(0) : - :  : 

「基礎生物学研究所 一般公開2013」に出展します

6月以降、非常に多忙な日々が続き、制作活動からもだいぶ遠ざかっておりました。。。そして、猛暑だった夏と毎年参加している「むし展」も終了し、先月末にはアートサークル「生物部」のメンバーと一緒に上野の科学博物館で開催されている展示会「深海」に行ってきました。

さて、ご案内が遅くなりましたが、10月5日に愛知県・岡崎市で開催される「基礎生物学研究所 一般公開2013」にアートサークル生物部のメンバー(UMEZAWA CRAFTさん、観察日記さん、6*umiさん)と一緒にクラフトブースで参加します!
今回は実験動物の制作にもトライしてみました。
場所は第2会場 講演会場前になりますので、ぜひお越しください♪

「基礎生物学研究所 一般公開2013」
[イベント・展示会案内]
comments(0) : - :  : 

今年も「むし展」、「きのこ展」に出展します!

今年は作品をより深化(進化)させるため、講演会や観察会などに積極的に参加するようにしています。
そのため、展示会への出展は通年より少なめにしています。

さて、今年初の展示会は、8月に開催される恒例の「むし展」です。今回も新しい種類や手法を取り入れて出品したいと考えています。
本日、「むし展」の打ち合わせをしてきました。新しい作家さんも参加することなり楽しみです。
→「むし展」ブログはこちら

また、この秋(10月)には、筑波実験植物園で開催される「きのこ展」にアートサークル「生物部」のメンバーの一人として出展します。今年はスペシャルゲストも参加予定!
きのこだけでなく、様々な菌類クラフトがお披露目されると思いますので、乞う、ご期待です!
[今後の予定]
comments(0) : - :  : 

JAMSTEC一般公開に行ってきました

スケーリーフット←黒スケーリーフットを手に♪

18日に生物部メンバーのお二人と一緒に独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の横須賀本部で開催された施設一般公開に行ってきました。
1年に1回公開されるということで、昨年から楽しみにしていました。
当日は駅から出でいたシャトルバスに乗るだけでも長蛇の列にビックリ!施設内の混雑を考えても大変多くの方が来られていたようです。
私たちは施設内や展示の見学だけでなく、セミナーやオープンラボにも参加して、しっかり勉強&楽しんできました。
ちなみに500食限定の「ちきゅうドライカレー」も美味しくいただきましたよ〜(^^)

オープンラボの「深海生物にさわってみよう」は何と貴重な深海生物に“おさわり”ができるというツアーで、初めてスケーリーフット(の標本)をこの手に持つことができて感動!短い時間でしたが、いろんな角度から写真を撮りました。ズッシリとした厳ついイメージがあったのですが、意外に小さくコロンとしていてかわいい感じでした。黒スケーリーだったので、錆びがあったのが印象的でしたね。
同じくオープンラボの「チムニーで朝食を」では、実験をしながらチムニー(海底熱水鉱床の活動により生成される 柱状の構造物)についてお勉強。チムニーの匂いで、温泉地(私の場合は草津温泉)を思い出しました。また、担当の方から潜水艇のお話も直接聞けて面白かったです。

なお、オープンラボ参加者のみにプレゼントされたネックストラップは深海生物がプリントされていてレベルが高いです!非売品ということなので大切にしつつ、何かのイベントの時に名刺を入れて使いたいと思っています。

JAMSTEC一般公開には、今回初めて行きましたが、内容が船や生物など多岐にわたっておりお勧めです。

・独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)


ラボツアー
オープンラボ「深海生物にさわってみよう」で触れることができた生物標本

かいよう
海洋調査船「かいよう」も一般公開されていました

ドライカレー
「ちきゅうドライカレー」は量は少な目でしたが美味しかったです

[イベントお出かけ]
comments(0) : - :  : 

「こけティッシュ 苔ワールド」展に行ってきました

コケ展1GW期間中に茨城県自然博物館で開催されている「こけティッシュ 苔ワールド」にアートサークル生物部のメンバー3名と一緒に行ってきました。
苔をテーマにした珍しい企画展ということで、昨年、話を聴いたときから楽しみにしていました。

内容は苔の生態についての解説から実際の苔の展示、クマムシの紹介など多岐にわたり大変充実した展示会でした。
ちなみに苔庭には粘菌がいるというので探してみたのですが、自分では見つけられず、まだまだ修行が必要だと思ったり。。。(^^ゞ

今回、私たちは講演会を聴講したのですが、これからも苔観察会などのイベントがあります。
この企画展のためのオリジナルグッズも販売されていて、私は苔トランプを購入しました。持ち運びもできるようになっていてクオリティが高いですね!

コケ展2
この苔庭のどこかに変形菌もいますよ〜

・茨城県立博物館「こけティッシュ 苔ワールド」


[イベントお出かけ]
comments(0) : - :  : 

「財団法人日本博物館協会」へ義援金を送りました

昨年よりニヒル牛2で行っておりました東日本大震災に対する義援金活動に対し、皆様のご協力に感謝いたします。
ニヒル牛2での売上と別活動での作品売上を合わせた3070円を「財団法人日本博物館協会」へ義援金として送りました。
「地球の玉手箱」では、これからも細く長く支援を行っていきたいと考えております。

振込用紙再アップ
[活動報告いろいろ]
comments(0) : - :  : 

今年のキーワードは「深化」あるいは「進化」?

すっかり更新が滞ったまま、旧正月も過ぎてしまいました。。。(^_^;)
これまでの活動を少し振り返りると、年末には天牛舎さんへお正月作品の納品、また毎年恒例の自然保護や調査を行っている団体へささやかながら売上の一部を寄付しました。
現在は東日本大震災に対する義援金として、ニヒル牛2のボックス(No.44)での売上全額を「財団法人日本博物館協会」に送る予定です。(期間3月中旬くらいまで)
まもなく震災から2年になりますが、支援がまだ必要なところは多くあると感じます。今回は貴重な博物館の資料の保存のためにもわずかではありますが、支援したいと思っています。

さて、昨年の活動の結果、クラフト制作では今までにはなかった道が開けてきたように感じます。今年は「深化」あるいは「進化」を目指して、新しいことにもトライしたいですね。

チョコレート展
気分転換に国立科学博物館で開催されている「チョコレート展」に行ってきました。シーラカンスをは始めとする古代生物チョコがすごいです!
[活動報告いろいろ]
comments(0) : - :  : 

平成24年度日本動物学会中部支部大会に参加しました

2012動物学会中部支部大会1←初のパネル展示は写真も専門店でプリントアウトしました

11月17日、18日に長野県・松本市の浅間温泉「みやま荘」で開催された「平成24年度日本動物学会中部支部大会」にアートサークル「生物部」の一人として参加しました。
おかげさまで、他の4人の作家さんと共に作品は大会参加者の皆様には大変好評で、楽しく勉強もでき充実した2日間となりました。

「地球の玉手箱」では動物学会ということで、粘菌、貝類、哺乳類、鳥類、昆虫、恐竜、古生物など自分が持っている作品はすべて出展しました!(^^)!
それでも、さすが動物学会!「これは何?」という普通のクラフト展でよく聞かれるようなこともなく、逆に私が知らなかった生物の名前が次々と出てきて、先生や学生さんに教えてもらいました。
論文などの資料もいただいたので、これからしっかり読みたいと思います。
また、パネルもお借りできたので、これまでに作成し今は手元にない作品の写真を展示しました。

なお、学会の大会ということで公開シンポジウムもあり、私は2002年に新発見された目の昆虫「カカトアルキ」の講演を聴きました。カカトアルキの写真絵本(子供用とは思えないくらい充実しています)は持っていたのですが、研究している先生のお話を直接聴くことができて勉強になりました。

今回の出展に関しては、最初にお話があった時から懇親会でも私たちの作品を紹介していただくなど先生方からは様々なご配慮をいただき、さらにスタッフの学生さんにもお手伝いをしていただいて本当にお世話になりました。

出展の機会を作っていただきました皆様に感謝すると共に、この大会でお知り合いになった方々との縁を大切にしたいと思います。
また、多くのリクエストをいただきましたので、教えていただいた本や資料などを読みながら、これからチャレンジしていきます!

その他のメンバーの作品や展示などについてはこちらをご覧ください。
■アートサークル生物部「日本動物学会 中部支部大会」活動報告ページ

■日本動物学会中部支部


2012動物学会中部支部大会2
ホテルの廊下での展示は大会参加者だけでなくホテルの方や一般の方にも見ていただきました
[イベント・展示会レポート]
comments(0) : - :  :