サイド上部画像
 September 2017 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

地球の玉手箱

オリジナル生物作品紹介&お出かけ日記です♪


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 
<< 2014「きのこ展」出展レポート : 岩手県水産技術センター公開デー出展レポート >>

「第39回日本比較内分泌学会大会・第8回国際両生類爬虫類神経内分泌学会 合同大会」出展レポート

11月7日・8日、愛知県岡崎市の「自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター」で開催された「第39回日本比較内分泌学会大会・第8回国際両生類爬虫類神経内分泌学会 合同大会」に出展しました。

今回は合同で国際会議も開催され、外国の研究者もお客様としていらっしゃいました。
簡単な自己紹介の英語の説明文も用意してみましたが、「アマガエル」を英語で何というのかがわからずネットに頼る始末。。。
語学力があれば、もっといろいろとクラフトの説明ができたのにと、語学力のなさを痛感しました(/_;)
クラフト制作にあたり、洋書や英語の論文が読めず生態がわからない種類もあるため、クラフト技術の向上だけでなく、せめて英語はもっとできるようにならないとなあ〜と思っています。

さて、「地球の玉手箱」のブースは、生物多様性を表現(雑多ともいう?)と言いながら、菌類から古生物まで展示しました。
今回からキイロショウジョウバエ(ミュータント)作品の販売を開始したのですが、先生方や学生さんにウケたのは嬉しかったです(笑)
また、3月の動物学会中部支部大会でアドバイスを受けた「メダカ」の改良作品も展示。新しいメダカについても教えていただきました。

今回は学会のスケジュールがハードだったでしたが、短い時間の中でも多くの研究者や学生さんがクラフトブースにお越しいただきました。いろいろな生物のリクエストが多く、これから宿題にとりかかります♪
先生方やスタッフの皆さまには、準備から終了時まで大変お世話になり、心からお礼申し上げます。

・第39回日本比較内分泌学会大会・第8回国際両生類爬虫類神経内分泌学会 合同大会

2014内分泌展示
展示風景

2014内分泌展示2
懇親会でも展示、キイロショウジョウバエ(ミュータント)いろいろです。

なお、展示会終了後に「UMEZAWA CRAFT」さんと一緒に蒲郡の「生命の海科学館」と「竹島水族館」に行ってきました。
アノマロカリスの聖地ともいわれている「生命の海科学館」は、実物の化石を見ることができ、一部は触ることもできます。
「竹島水族館」は小規模で昭和レトロながらも、展示が大変工夫されています。スタッフの方が手書きでかかれた魚の説明は思わず吹き出しそうになるほどで、ぜひ直接読んでみてくださいね。

化石展示
「生命の海科学館」本物のイクチオサウルスの化石は迫力満点!

竹島水族館
「竹島水族館」工夫された展示に思わず“笑い”です。




[イベント・展示会レポート]
comments(0) : - :  : 

スポンサーサイト

[-]
- : - :  : 

COMMENTS