サイド上部画像
 July 2017 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

地球の玉手箱

オリジナル生物作品紹介&お出かけ日記です♪


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

新作・オオセンチコガネ

新作・ルリセンチ←藍色のオオセンチコガネ

10日から中野のギャラリー「ビタミンTee」さんにて開催される「秘密の花園・虫展」の新作がようやく完成しました。
今回、新作は少ないもののクワガタなど初トライの種類があり、本日紹介するオオセンチコガネもそのうちの一つです。

オオセンチコガネは日本中に生息しており、その光沢があって美しい色彩(構造色)は地域ごとに異なっています。写真の作品は紀伊半島に生息する「ルリセンチコガネ」をモデルにしました。
オオセンチコガネのカラーバリエーションは他にも赤色や緑色タイプがあって、まさに宝石のようです〜

・秘密の花園・虫展
[クラフト(昆虫)]
comments(0) : - :  : 

スペイン製ガラス瓶の中で

エゾゲンゴロウモドキ←水の中のイメージで

14日から始まる「むし展」に展示する作品を紹介します。

今日は「エゾゲンゴロウモドキ」です。"エゾ"の名前がついていますが、東北地方にも生息しており「キタゲンゴロウモドキ」と呼ばれているものは同種になります。

さて、このスペイン製の淡いグリーン色のガラス瓶は水の中のイメージにぴったりです。
同じビンを使用した他の作品には「シャープゲンゴロウモドキ」と「マルコガタノゲンゴロウ」があり、どれも大型ゲンゴロウで見ごたえがあります。
水草の配置にも気を使いましたので、比べていただけたらと思います。

・むし展フライヤーはこちら

※開いたら、「公開」をクリックしてください。。
[クラフト(昆虫)]
comments(0) : - :  : 

ヒカリコメツキ(ククヨ)の紹介

ヒカリコメツキ(ククヨ)←ホタルよりも明るく

今日の紹介はヒカリコメツキのプチジオラマです。
中南米に生息するこの虫は、一見地味、しかし、胸にある一対の発光器から出す光はホタルよりも明るいとのこと。南米では「ククヨ」と呼ばれ、昔、現地の人が灯りの代わりにもしたほどだそうです、
当然、日本には生息していないためマニアックな虫と思いきや、昨年、東京の多摩動物公園で公開されていました。現在はいないそうなので、知っていれば見に行きたかったですね。。。

作品(ビンの高さ約5cm)は、発光器に夜光塗料を使用しました。そのため、暗い場所だと発光器の部分がほんのり光ります。一応、暗いところでも撮影をしてみたのですが、画像加工しても何だかよくわからない写真になってしまいました(^^ゞ。そう思うと、書籍やHPで掲載されている、光っているホタルの写真はすごいですよね〜

今回のむし展にあたっては、虫を表現するために今まで使ったことがない絵具(塗料)を使うなど様々な試行錯誤を行いました。夜光塗料もその一つで、ヒカリコメツキの他にゲンジボタルにも使用しています。
[クラフト(昆虫)]
comments(0) : - :  : 

神様の虫・スカラベ

神様の虫・スカラベ←古代エジプトでは神様に

8月からニヒル牛2で始まるむし展の作品がようやく完成しました〜
それにしても、様々な形態を持つ虫の制作は困難を極めました。。。
そのため、出展するのは甲虫系(スカラベ、テントウムシなど)のみになります。他の形態の虫(チョウなど)は大失敗。。。(ToT)
今回の紹介は、スカラベことヒジリタマオシコガネです。高さ約6cmのビンに入っています。
スカラベはフンコロガシともタマオシコガネともいわれていますが、残念ながら日本には生息していません。

スカラベは古代エジプトにおいて、フンボールを転がす姿から太陽の運行になぞらえ、太陽と復活の象徴ケプリ神として崇められました。世界広しといえども虫が重要な神様となったのは、私が知る限りではケプリ神だけかも?(ちなみに私は生物だけでなく、考古学や神話も大好きです♪)
ちなみにこのケプリ神、顔がそのままスカラベとなっていて、なかなか斬新?驚き?なデザイン(^^ゞです。ケプリ神のお姿は“こちら”

ところで、スカラベは、きっと誰もが一度は読んだことがあるファーブル昆虫記でも有名です。ファーブルは研究していたスカラベがスカラベ・サクレ(ヒジリタマオシコガネ)のつもりだったそうですが、実はスカラベ・ティフォン(ティフォンタマオシコガネ)ということがわかっています。

むし展には、ヒジリタマオシコガネと参考作品としてエジプトタマオシコガネ(非売品)を出展予定です。
[クラフト(昆虫)]
comments(0) : - :  :