サイド上部画像
 June 2017 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

地球の玉手箱

オリジナル生物作品紹介&お出かけ日記です♪


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

ウスリーホオヒゲコウモリ&カボチャ

ウスリーホオヒゲコウモリ&カボチャ修正←10月ということでハロウィン作品

いよいよ今度の土曜日は北海道の円山動物園のイベントです。でも、ちょっとお天気が心配ですが・・・

さて、新作は10月ということでハロウィン系作品も作ってみました。
モチーフはハロウィンには欠かせないカボチャとコウモリ。コウモリは北海道にしか住んでいない珍しいウスリーホオヒゲコウモリにしました。メタリックカラーで毛先の金属光沢を表現しています。

北海道はもう結構寒そうなので、暖かい格好で頑張ってきます。(オーガニックのタオルマフラーを買いました♪)

・アートマ倶楽部
[クラフト(哺乳類)]
comments(0) : - :  : 

ヒツジ・「サフォーク種」

ヒツジ・サフォーク種←顔と手足が黒いのが特徴

北海道といえばジンギスカン。ジンギスカンといえばヒツジ〜
というわけで、本日の紹介はサフォークダウンとも言われているヒツジのサフォーク種で、3.5cmのアクリルケースに入っています。

サフォーク種はイギリス原産の顔と手足が黒い特徴的なヒツジで、いろんな作品のキャラクターにもなっています。
例えば、絵本やアニメにもなっている「ストレイシープ」(私はこの作品大好きです(^^))の主人公ポーの恋人メリーや「ウォレスとグルミット」のショーンもこのヒツジ。

意外にも日本にいるヒツジの8割近くがこのサフォーク種だそうで、肉用、毛用として飼育されています。

・アートマ倶楽部
[クラフト(哺乳類)]
comments(0) : - :  : 

新作紹介&「カメ DE show!10」出展のお知らせ

ナキウサギのプチジオラマ←氷河期の生き残り「エゾナキウサギ」

前回から一ヵ月以上もたった更新となってしまいました。。。(^^ゞ
その間、地道に10月4日(雨天時は5日に順延)札幌・円山動物園で開催される「アートマ倶楽部アートマーケット」に出展する作品制作に勤しんでいました〜8月の昆虫に続き、哺乳類も形の成形が難しかったです。。。
北海道&動物園でのイベントということで、新作は北海道に生息する生物と哺乳類がメインです。

本日の紹介は、北海道にしかいないキュートな動物「エゾナキウサギ」です。
エゾナキウサギはアジア大陸北部に住むキタナキウサギの亜種で、氷河期に北海道に来てそのまま残った氷河期の遺存種です。そのため、本州のライチョウと同じように「生きた化石」とも言われていますが、ナキウサギの方は天然記念物には指定されていません。
現在は生息地が開発で脅かされているため、保護活動も行われています。

ところで、案内が遅くなりましたが、11月23日に開催される「カメ DE show!10」に出展することになりました。とりあえず、時期柄、クリスマス系作品の制作を考えています。(まだ、考えているだけで何も手をつけていませんが(^^ゞ)

・アートマ倶楽部
・カメ DE show!10
[クラフト(哺乳類)]
comments(0) : - :  : 

クヌート君に似てるかな?

クヌート君かも←トナカイ模様の小瓶に入っています

12/22、23に出店する「SHIODOME Xmas アートマーケット」の作品がようやく出来てきています。毎度のことながら、いつも完成はギリギリですね・・・(^^ゞ

クリスマスのモチーフということで、今日紹介の作品はトナカイ模様の小瓶に入ったホッキョクグマです。ドイツのベルリン動物園のスター・クヌート君をなんとなくイメージしてみました。ちなみに今ではすっかりクヌート君は立派に成長しました。
なお、ホッキョクグマは進行している地球温暖化のため絶滅が心配されています。そのため、2006年版IUCNレッドリストでは「保護対策依存種」(LR/cd)から絶滅のおそれの高い「危急種」(VU)に変更になりました。

週末の汐留アートマケットではディスプレイにイルミネーションライトも用意してクリスマス気分を盛り上げます〜

・汐留シオサイト
 「SHIODOME Xmas アートマーケット」は12月8日〜25日の間開催されます。
[クラフト(哺乳類)]
comments(0) : - :  : 

ヒメアルマジロのプチジオラマ

ヒメアルマジロプチジオラマ←世界一小さいアルマジロ

写真の作品の動物はヒメアルマジロです。なんだかアルマジロに見えなくても、丸くならなくても(※)アルマジロです。

ヒメアルマジロは世界一小さいアルマジロで体長が10cm前後で体重も100g程度しかありません。アルゼンチンの乾燥地帯に住んでいるのですが、生息地の環境破壊で数が激減し絶滅危惧種にになっています。
本来の甲羅の色はピンク(そのため英名はPink fairy armadillo)なのですが、野生のヒメアルマジロは砂や土で汚れてベージュ色になっているので作品もベージュ色にしました。
なお、作品の大きさは高さが約3cm、幅が約5.5cmです。

アート縁日に出品するプチジオラマで哺乳類は他に8月21日に紹介したホシバナモグラやコウモリなどがいます〜

※実際に丸くなれるのはミツオビアルマジロ属のミツオビアルマジロとマタコミツオビアルマジロの2種のみ

・アート縁日16 [10月6日(土)〜7日(日)]
[クラフト(哺乳類)]
comments(0) : - :  :