サイド上部画像
 September 2017 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

地球の玉手箱

オリジナル生物作品紹介&お出かけ日記です♪


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

「ふしぎ ミニチュア展」作品紹介(ふしぎ ディープ)

今回、「地球の玉手箱」ではこのミニチュア展のためテーマであるディープ(深い、濃い、奥深い)を実現するために、他にはないような生物の作品を制作しました。このために図書館で借りたたくさんの本をやっとの思いで持って帰り(重かった(^^ゞ!)、新しい資料(本)を買い、データが揃わない生物に関しては海外のサイトまでアクセスして調べました。
恐竜に関しては、ここ最近、様々な発見により新しい説も出され前から持っていた本と比べるとずいぶん内容が違うのに驚かされます。

また、生物フィギュアを入れる器にもこだわって、ガラス作家の「サン丁目Art-Labo」さんに革の台座でできたガラスドームも作っていただきました。
手作りのため形が不揃いなのがまた良くて、形に合わせて中に入れる生物も選ぶのも楽しかったです。

エディアカラ海
先カンブリア時代エディアカラ紀に海に住んでいた生物、この時代はまだ弱肉強食の時代ではなくまさに「平和な楽園」だったとのこと。調べてもなかなか情報が得られず、まだまだ詳細がわからない生物が多いようですね。

ヒメアルマジロ
フライヤーにも登場した「ヒメアルマジロ」(Chlamyphorus truncatus)。
世界一小さなアルマジロ(体長10cmくらい)でアルゼンチンに住んでいるのですが、生息環境の悪化から絶滅も心配されています。。。
[クラフト(いろいろ)]
comments(0) : - :  : 

追加納品と葉っぱ販売のお知らせ

カゴバッグ葉っぱ飾り←カゴバッグにつけてみました

昨日、ニヒル牛2「むし展の」追加納品をしてきました。
納品の種類はヒジリタマオシコガネとキベリマメゲンゴロウのプチジオラマです。
始まる前の納品時に、主催者のアトリエ☆イボヤギさんから「水生昆虫いいね〜」と言われていたのですが、ゲンゴロウ2種類とも売れていました\(^o^)/あと、みなさんから好評だったド派手メタリック・タマムシとかわいいと言われたナミテントウも。。。正直、虫作品は挑戦ばかりだったので、うれしい気持ちでいっぱいです!

さて、展示用に作った葉っぱの飾りですが、お問い合わせがあったということで、販売することにしました。写真は友人のカゴバッグにつけた葉っぱ飾りです。残り4つでレジカウンターの横にぶら下がってますので、よろしければご覧下さいませ。
但し、飾り用のためコーティングの回数が少ないです。そのため、実用品としてご使用する場合は色が剥がれる可能性がありますのでご注意下さい。

・ニヒル牛
[クラフト(いろいろ)]
comments(0) : - :  : 

プチジオラマ持ち運べます

球形アクリルケースキーホルダー←フクロウ(雛)とアオウミウシ

いよいよ明日は「はねかめまつり」が開催されます。
写真は初出品する球形アクリルケースプチジオラマのキーホルダーとチャームです。
プチジオラマを持ち運びたいというリクエストがあり作成してみました。
ケースに入っているのでフィギュアも壊れにくし、ケータイやカバンなどにつけてもらえれば、いつでも一緒です(笑)
それにしても球形ケースに配置するのは意外に難しかったですね。
いくつも作ったのですが、残念なことに接着の乾燥がなかなか進まず出品できるのは写真の2点だけになりそうです。。。

他には自分で撮影した生物写真ポストカードも出品します。こちらは夏向けに海の生物を中心にしました。

では、明日のレポートをお楽しみに!

・はねかめまつり
http://kamedeshow.com/ha.htm
[クラフト(いろいろ)]
comments(2) : - :  :