サイド上部画像
 November 2017 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

地球の玉手箱

オリジナル生物作品紹介&お出かけ日記です♪


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

2007年に出来たこと

あいさつキリン←来年はどんな年になるかしら〜

いよいよ2007年も今日で終わりですが、いかがお過ごしでしょうか?
「地球の玉手箱」は、本年新しいイベント出店など様々な活動を行うことができました。

作品制作はおととしの末から始めたのですが、その際にやりたかったことが2つありました。
一つは一般にあまり知られていない生物をテーマに作品を作ること、もう一つは作品の売上利益から自然保護のために寄付をすることです。

珍しい生物の作品作りというのは、子供のころから生物図鑑や動物TV番組をよく見ていて、特に希少な動物に興味を持っていたということがあります。普通の子供がまず読まないような生物系のマニアックな本も読んでいて(^^ゞ、ずっと彼らの生息している自然を守りたいという思いがありました。
今年、自然保護団体にほんのわずかではありますが寄付をすることができ、これも私のつたない作品を買っていただいた皆様のおかげだと感謝しております。
来年もさらに質が高くマニアック?な生物作品の制作を目指しますので、どうぞよろしくお願いします。

なお、写真は今年2月に千葉市動物公園で撮影したキリンです。
[作品制作について]
comments(2) : - :  : 

作品の途中経過です〜

200708制作中の作品←乾燥中と着色前の作品

まだまだ暑い日が続いていますが、マイペースながらも作品を制作しています〜
写真は制作中作品の一部で乾燥中と着色前のフィギュアです。上の二つは乾燥中のホシバナモグラとジェンツーペンギンで、下は乾燥が終わりジェッソ(下地)を塗った左からウコッケイ、ウミウシ、オサガメになります。

ジェッソを塗ったフィギュアはアクリル絵具で着色し、オブジェ用はニスを塗って土台に接着して完成です。
プチジオラマの方はあらかじめ作成していた土台に配置し、最後の仕上げをしてから完成です。

新作のほとんどは10月のアート縁日16と11月のカメ DE Show!8にてお披露する予定です。
なお、完成した作品は後日ブログにアップしていきます。
[作品制作について]
comments(0) : - :  : 

ジオラマ制作の悩み

ムラサキクラゲ←ムラサキクラゲのジオラマ

本日の作品紹介はムラサキクラゲです。"ムラサキ"という名にもかかわらず、意外にもムラサキ色した個体は少ないそうですが、海中で見ると本物は美しいでしょうね〜でも、毒にはご注意!

只今、出展するイベント用に作品制作をしている真っ最中なのですが、今回ジオラマ系が多いということでちょっと悩んでいたりします。
ジオラマには当然風景も入るわけなのですが、珍しい生物を作成する場合、資料(特に写真)がなくてかなり苦労したりします。文章だけでもなんとかイメージはできるのですが、やはり写真や風景入りの生物画があるとよりわかりやすく制作しやすいのですよね〜
自分の作品がちょっとリアルを目指しているだけに、できるだけ本物に近く制作したいという"こだわり"もあったりします(笑)
そう思うと、私が資料用としている書籍の野生動物写真を撮影している人や古代生物の絵を描いている人はやっぱりすごいですよね!

さて、今後、リアル系だけではなくて想像上の生物(ドラゴンやフェニックスなど)なんかにもトライしてみたいなと考えています。荒俣宏氏著作の世界大博物図鑑(平凡社)シリーズにも実在の生物だけでなく、想像上の生物も掲載されていますし〜高価な書籍ですが、このシリーズの「絶滅・希少鳥類」だけでも本当に欲しいです!
あ、前にリクエストをもらっていたツチノコも忘れてました。。。(^^ゞ

・大博物図鑑シリーズ(Amazon)
[作品制作について]
comments(0) : - :  :